2017年02月04日

【PEP治療院:トピック〜インフルエンザはどうして毎年流行するの?〜】

冬に必ず流行するインフルエンザ。今回はインフルエンザの流行理由とその予防についてお伝えします。インフルエンザ流行状況は全国にある定点医療機関で1週間毎にカウントされ、判断されています。現在は宮崎、大分、埼玉の順に多く大阪でも警報が出ている市町村があります。詳しくは国立感染症研究所HPで知ることができます。
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/

では、なぜインフルエンザは、毎年冬に流行するのでしょうか?
人間の身体にはウイルス(抗原)が体内に入ると抗体ができ、次に同じ抗原が入っても感染を防ぐ働きがあります。(免疫機能) しかし、インフルエンザウイルスは変異しやすく抗原が毎年変わるので、以前の抗体では効果がなく流行してしまいます。さらに、乾燥・寒冷な冬は飛沫感染するウイルスにとって、飛び散り易く生存しやすい環境です。逆に人間は粘膜の働きが弱まる為、ウイルスへの抵抗力が弱まり感染しやすくなります。このような理由で、毎年冬に流行するのです。

そこでインフルエンザの予防法です。
1、 外出時のマスク着用
2、 手洗いうがいの徹底
3、 帰宅時、上着についたウイルス払い落とす
4、 室温20°、湿度50%以上に保つ
5、 身体を温めて免疫力の維持
基本的なことですが、とても大切なことです!
また、「お灸を身体に据えることで、免疫機能が向上する」というデータもあります。身体を温めるのみならず、予防としてお灸もおススメです。特に足三里というツボがおススメです!
しっかり対策をして寒い冬も元気に過ごしましょう!
詳しく知りたい方は、PEP治療院スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

無題.png
posted by PEP OSAKAスタッフ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP治療院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック