2010年03月03日

チューブでエクササイズ!

こんにちは晴れ

本日担当の狩野です。

3月の平日は、マクドナルドのポテトが、「どのサイズでも150円!」というポテト好きにはたまらない1ヵ月です。

早速、今日の昼にポテトMサイズを購入しました。
なんでお得なLサイズじゃないのか???
つい、いつもの調子でMサイズを頼んでしまったからです・・・。
日ごろの習慣とは怖いものですがく〜(落胆した顔)


さて、今日はチューブトレーニングのご紹介です。

CIMG5984.JPG


写真のチューブはPEPのトレーニングで使用されているものです。
黄色、赤、緑、青の順番に強度が強くなります。

チューブトレーニングのポイントは、


・スタート位置でチューブを張る。(たるみがないように)
・筋肉の収縮をしっかりさせ、チューブをなるべく伸ばす。
 (=フォームを正確に)
・スタート位置に戻す時は、なるべくゆっくり降ろす。



これらのポイントに気をつけながら行います。

マシンや、ダンベルトレーニングと違って、チューブが伸びれば伸びるほど負荷が強まりますので、自分で強度を調整してトレーニングを行うことが可能です。
戻す時も、ゆっくりコントロールしながら元の位置に戻すことで、筋肉の収縮を促すことができます。


まずは、肩のインナーマッスルのトレーニングです。

CIMG5982.JPG

チューブの端を柱などにくくり、もう片方の端を手に持ち、外側に引っ張る、戻すを繰り返します。

野球・ソフトボール・バレーボール・水泳など肩をよく使う競技をされる方に必要なトレーニングです。腱板損傷、インピンジメント症候群の予防トレーニングで行われます。

負荷が軽いからといって、あまり早いスピードで引っ張ってしまうと、アウターマッスルを使ってしまい、インナーマッスルのトレーニングになりませんので気をつけましょう。

軽めの負荷で20回くらいずつ行ってみましょうるんるん


次はスクワット時に使用する方法です。

CIMG5977.JPG

膝の上あたりにチューブを巻きます。
チューブの抵抗がかかることにより、膝が内側に入る動作を防ぐことができます。
このままスクワットをしたり、その場で足踏みをしたり、サイドステップを行ったりと、チューブ1本で多様なエクササイズができます。


最後は、もも上げエクササイズです。股関節の屈曲筋群を鍛えます。

CIMG5979.JPG

つま先にチューブをかけ、太ももが床と平行になる位まで足をあげます。
足を上げた際、腰が反ったり、丸くなったりしないように気をつけましょう。しっかりドローインを行い、体幹を安定させます。
股関節のトレーニングですが、姿勢を気をつけることで、体幹のトレーニングにもなります。
交互に10回位からスタートしてみましょうるんるん


PEPでは3月からチューブ・テーピングの販売を開始しましたプレゼント

チューブを使用して出来るトレーニングもご案内しておりますので、お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。





posted by PEP OSAKAスタッフ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP トレーニングメニュー☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

キネシスでストレッチ〜その1〜

バンクーバーオリンピックも後半戦ですね。

PEP Osakaでは、トレーニングフロアに3台もの大画面TVを設置しており、毎日いろいろなスポーツ番組を視聴目しながらトレーニングできまするんるん

バンクーバーオリンピック期間中は、スタッフも会員様もテレビの前で大賑わいです。



さて今日は、キネシスを利用したストレッチ方法のご紹介です。


キネシスといえば、360度どんな方向からでもトレーニングが可能なケーブルマシンですが、トレーニングだけではなく、実はストレッチに利用する事も可能ですひらめき


まずは、上のハンドル下へ引き、胸・肩・腕周辺のストレッチです。

CIMG5835.JPG

次は、腕・胸のストレッチです。 
特に肩の前面、胸の辺りがかなり伸ばされて気持が良いですわーい(嬉しい顔)

CIMG5837.JPG

最後は、脇腹のストレッチです。
座って片手でハンドルを引きます。

CIMG5832.JPG


負荷は、軽くストレッチ感が出るくらいの重さに設定します。
程良く伸びる感が非常に気持ちいい〜グッド(上向き矢印)


一人ではなかなか伸ばしにくい部位も、キネシスを使えば楽に伸ばすことができますよexclamation
「ここはどうやって伸ばすのexclamation&question」、などご質問があればお気軽にスタッフまでお尋ねください。



オリンピックでの熱戦も楽しみですが、明日は泉州マラソンが開催され、そちらの熱い戦いを見ることができるのも楽しみです。

明日はお天気も良いようなので晴れ、沿道へ応援演劇に行ってこようと思います。

ランナーのみなさん、頑張って下さいexclamation




posted by PEP OSAKAスタッフ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP トレーニングメニュー☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

PEP アセスメント

こんにちは晴れ

1月7日は七草粥の日ですね。

みなさんは、七草粥食べましたか。

みなさんは、七草を全部言えますか?


セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、仏ノ座、スズナ、スズシロ

七草粥を食べると、その1年無病息災になるといわれています。

お正月にお餅を食べてふくれたおなかを、緑の野菜で休ませる為だとも言われています。


七草のそれぞれに効能があります。

【効能】
●せり:消化を助け黄疸をなくす
●なずな:視力、五臓に効果
●ごきょう:吐き気、痰、解熱に効果
●はこべら:歯ぐき、排尿に良い
●ほとけのざ:歯痛に効く
●すずな:消化促進、しもやけ、そばかす
●すずしろ:胃健、咳き止め、神経痛


伊藤家の実家では、毎年庭で育てた七草で、7日の朝に家族で健康を祈りながら食べていますが、今年は食べれずでしたもうやだ〜(悲しい顔)

それでも、みなさんが健康で1年が過ごせますようにぴかぴか(新しい)





さて、今回はPEP Osakaの内容の話をしますキスマーク

PEP Osakaでは、

入会された方全員にまず、アセスメントを行います。

そこから得られた情報から、
その方個人に合ったトレーニングメニューを作成します。

今回は、その
アセスメント(測定と評価)の内容を説明します目



まず、立位での姿勢を前、右、左、後ろからチェックします。

2009.7.9 立位前.JPG

その後、オーバーヘッドスクワットとシングルレッグスクワットでの動きのチェック。

2009.7.9 OHS前.JPG2009.7.9 SLS左.JPG



会員様の姿勢、動きのチェックから、ある程度の問題点や改善するべきポイントは分かりますが、さらに正確に緻密に理解するために関節可動域を測定し、その後にマニュアルマッスルテスト(MMT)という徒手での筋力チェックを行います。

CIMG4563.JPG

CIMG4570.JPG



最後に会員様とのカウンセリングという形で、アセスメントの結果を説明し、会員様それぞれのゴール、目標や希望を聞かせて頂きトレーナーと共通の認識が持てるようにします。また、アセスメント結果による改善すべき点と、会員様の希望との間にギャップがないかを確認し、もしあれば納得してトレーニングして頂けるように、しっかりと話し合いをしトレーニングについての説明を行います。

このアセスメントは入会時だけでなく、定期的に(トレーニング頻度にもよりますが1〜2ヶ月に1回)行い、改善点や新たな問題点などにより、メニューを見直し新しいものを作成します。



このようにして、PEPのオリジナルメニューは作成されていますひらめき



アセスメントは、会員用ですが

一般の方向けに

ショートアセスメントも行っています。

15分程度で、姿勢のチェックを行います。

自分の姿勢が気になるかた、一度是非お試し下さい。

posted by PEP OSAKAスタッフ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP トレーニングメニュー☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

パフォーマンスアップトレーニングvol.2

こんにちはダイヤ

今日もPEP Osakaでは、
尾上さんが、ハーフマラソンに向けてトレーニングしていますダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


11月1日に
テレビ岸和田の「ママのブログ」に

ピラティス案内が掲載されましたNEW

ご覧下さい目
  ↓
http://blog.zaq.ne.jp/mamablog/



今回は

パフォーマンスアップトレーニング vol2ということで、


ジャンプ力向上トレーニングのご紹介ひらめき


例 デプスジャンプ



CIMG3460.JPG

CIMG3461.JPG


    
プライオメトリクスと呼ばれるトレーニング方法に分類されます。

筋肉は急激に伸ばされると反射的に収縮しますが、
この伸張反射という性質を利用したエクササイズです。

BOXから着地した瞬間、重力により足首、膝、股関節などが曲げられ筋肉が引き伸ばされます。

そして、伸張反射により筋肉が収縮する力を利用しジャンプすることで、
ゆっくり屈んでからジャンプするよりも大きな力を発揮し、高く跳ぶことができます。


これは強度の高いトレーニングなので、筋力やバランスなどのレベルが一定以上に達したアスリート向けです。
ケガのないよう、注意して行ってください。






本日の時点のシンガンランキング目
(こちらの記録はイベントの対象にはなりません)


第1位:K.Hさん  128点ひらめき(更新)
    (中学3年生)

第2位:Tさん    120点
    (一般)

第3位:A.Tさん  118点ひらめき(更新)
    (中学2年生)



いよいよ、月曜から

シンガン トライアル Weekが始まりますぴかぴか(新しい)


CIMG4838.JPG



この期間に是非、自己更新を更新と1位を目指して頑張ってください手(グー)


posted by PEP OSAKAスタッフ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP トレーニングメニュー☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

パフォーマンスアップエクササイズ!?vol.1

みなさんこんにちは

来週から、急激に寒くなるみたいですねあせあせ(飛び散る汗)

寒さ対策を万全にして、来週を迎えましょう雪



今回は

PEP Osakaのトレーニングメニューの中から

アスリートのためのパフォーマンスアップエクササイズNEW

を、いくつかご紹介したいと思いますひらめき

PEP Osakaのメニューの中から競技力向上にフォーカスしたエクササイズを、
目的に応じてアレンジした“パフォーマンスアップ”カテゴリーのメニューです。

初回の今日は


1.“動き”にフォーカスしたエクササイズ


  スプリント/ダッシュ力向上目


クラブフォワードスプリットジャンプ



CIMG4693.JPGCIMG4694.JPG
CIMG4696.JPG

 
前の脚に荷重した状態で踏み切り、前方にジャンプします。

空中で脚を入れ替え反対の脚を前にして着地し、
交互にジャンプを繰り返します。

着地時やジャンプ時の下肢のアライメント(骨と関節の配列)や、体幹の安定などを意識して行います。




スペードオルタネイトダンベルベントロー
 

CIMG4692 - コピー.JPGCIMG4691.JPG




スプリント動作時の腕の振りを意識したエクササイズです。

肘を引き上げるのではなく、肩甲骨から上に引くイメージで行います。

また、胸椎の回旋も意識します。




今回のメニューは、PEP Osakaトレーニングメニューの
ほんの一部となっております目

お客様のご希望、ご要望に沿ったトレーニングメニューできるよう、
多数のメニューをそろえております。



ジャンプ力をつけたいっexclamation×2

当たり負けしない体を作りたいっexclamation×2


など、悩みや、相談がありましたら、

是非一度PEP Osakaに足を運んでみてはexclamation&question

きっと、何かが見つかりますひらめき

posted by PEP OSAKAスタッフ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP トレーニングメニュー☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする