2018年06月26日

【PEP治療院:症例紹介】

PEP治療院にて微弱電流で打撲血腫の治療を行った症例を紹介致します。

大学ラグビー選手、戦術の練習中、相手を抜こうとした際に相手選手の膝が大腿前面にぶつかり受傷した。4日後のリーグ戦になんとしても出場したいということで、医学的に無理は承知であるが受傷2日後にPEP治療院に来院。病態確認のため一旦Nクリニックに紹介し、医師による検査・診察へ。エコー検査にて内側広筋に打撲血腫が認められ、大腿四頭筋打撲血腫と診断。病態が把握できたためPEP治療院で治療開始となる。


▷ 基本情報
【性別】男性  大学4年生
【身長】171.0 cm 【体重】97.0 kg
【スポーツ】ラグビー
【ポジション】フッカー
【活動レベル】関西大学ラグビーAリーグ

▷ 医学的情報
【診断名】左内側広筋打撲血腫
【受傷・現病歴】2018年某月ラグビーの戦術練習中、相手を抜こうとした際に膝が大腿前面にぶつかり受傷
【主訴】痛くて体重かけて歩けない、5月12日にある試合に出場したい
【既往歴】左膝前十字靱帯再建術(2016年)


▷ 臨床画像所見

腫脹1.png

腫脹2.jpg

治療前膝屈曲.jpg



▷ 状態・機能障害など
【炎症・疼痛】大腿四頭筋遠位内側面
【組織損傷】内側広筋遠位部
【筋スパズム】内側広筋、大内転勤、大腿直筋、外側広筋、縫工筋、大腿筋膜張筋
【運動障害】:膝屈曲85°以上不能、歩行制限


▷ 治療方針・計画
【結果因子に対する治療方針】
・大腿四頭筋遠位内側部の過剰な炎症症状(腫脹・熱感)を軽減させる→アキュスコープ用いての全身通電
・大腿四頭筋、内転筋、縫工筋、大腿筋膜張筋の筋スパズムを軽減させる→マイオパルス用いてYプローブでの局所患部通電


▷ 治療進行計画
・打撲での受傷急性期は炎症症状(特に疼痛、腫脹)が強く、アキュスコープ、マイオパルスを用いての可及的速やかな炎症症状の消失を図った
・炎症症状のコントロールと共に、受傷4日後には試合が控えていたため、例外ではあるが疼痛の程度を見ながら治療翌日より運動開始した


▷ 治療結果と課題
【改善できたこと】腫脹軽減、歩行時痛軽減、膝屈曲角度120°まで改善
【残存した課題】運動時痛残存

治療前膝屈曲.jpg

治療後膝屈曲.jpg


▷ まとめ
・早期復帰に向けた内側広筋打撲血腫の症例を経験した
・通常であれば3週間程度治療を要する状態であったが、例外的に4日後の試合出場を目指した
・初回治療の結果、運動時痛は残存したが、腫脹、歩行時痛、膝屈曲角度は改善した


本症例は大腿部の打撲による血腫があり膝が曲がらない状態にもかかわらず「4日後の試合にどうしても出たい」という非常に困難な要望でした。通常であれば、医学的に考えられる組織の治療期間に沿って治療にあたります。しかし、本症例は最上級生でありチームにとって欠かせない選手であることやキーとなる試合であったこと、さらに医師による診断・検査により病態がより詳細に分かりリスクも把握できたことなどから総合的に判断し、無茶を承知でとはなりますが微弱電流治療器という特殊な機器を用いて出場を目指しました。微弱電流治療は、傷害を受けた部位に細胞レベルでアプローチして、自己治癒力を向上させる効果があると言われています。急性外傷などで、なんとしてでも早期復帰を目指したい!という方は、一度PEP治療院までご相談ください。


PEP治療院
住所:大阪府岸和田市別所町3-9-23
Tel:072-457-3458
HP:http://n-cli.com/pep-clinic/
posted by PEP OSAKAスタッフ at 18:36| Comment(0) | PEP治療院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

【PEP治療院:トピック〜肉離れとは】

4月に入り、少し暖かくなり運動をするには適した気温になってきましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。今回は「肉離れ」について、どのような怪我か、起こった時の対処法などについてお伝えします。

肉離れとは筋肉の収縮が急激に起こった際に、筋肉そのものが部分的もしくは完全に断裂する外傷です。筋肉が縮もうと収縮しているときに、他の力によって引き延ばされていく (遠心性収縮) 際に起こる可能性が高まります。起こりやすい瞬間は、どのスポーツにおいてもスタートダッシュ、ストップ、ジャンプなどの動作が挙げられます。

では、身体のどの部位に起こりやすいのでしょうか?

肉離れの多くは太ももの前面、後面、ふくらはぎなどに発症しますが、その中でも70%以上が太ももの後面(ハムストリングス)と言われています。原因として、柔軟性の低下、筋力の低下、他の筋とのバランス不良、走る地面の硬さ、気候(冷え)などがあげられます。
瞬間的に「ブチッ」と音がしたり、筋肉の痛みで動けなかったり、ストレッチをした際に痛みを感じる場合は肉離れの可能性があるので、その際はなるべく早く専門の医療機関に相談してください。処置が遅れると、復帰までの時間も長くなる可能性もあります。

予防する為には、先に挙げた原因となるものが自身の身体にあるかどうかを把握しておくことがとても大切です。分からない場合は、専門家に身体をチェックしてもらうことも有効です。
また、医療機関に行くまでの応急処置は、PRICE処置があります。患部を「保護」「安静」「冷却」「圧迫」「挙上」する処置になります。これに関しては詳しく今後の記事で説明いたします。これは多くの怪我に対応できる処置なので是非覚えておきたいものです。

予防法や治療法など、もっと詳しく知りたい方は、PEP治療院スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

参考書籍
奥脇透:「下肢のスポーツ外傷・障害」公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト 第3巻スポーツ外傷・障害の基礎知識,公益財団法人日本体育協会,2011

無題.png
posted by PEP OSAKAスタッフ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP治療院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

【PEP治療院:トピック〜便秘解消の秘訣〜】


突然ですが皆様は快便ですか?

今回は便秘解消の秘訣をおしらせします。

便秘とは明確な定義はなく「出ない」と自覚して感じることをいいます。便秘の状態が長く続くと腸内細菌に悪い影響を及ぼします。有害物質が腸壁から吸収されて血液中をめぐり、肌荒れや様々な病気にも繋がるとされているので注意が必要です。

一過性の便秘の多くは食事量の減少や水分不足・ストレス、常習性の便秘は腸の機能低下が原因といわれています。また、女性の方が便秘になりやすいとされ、原因の多くはホルモンバランスの崩れにあります。月経に伴い体に水分を溜めやすく、便の水分まで吸収してしまいます。便には80%の水分が必要といわれ、その量が低下すると硬く出にくくなります。また、便秘が長く続くと食べ物や消化液の流れが滞り、内容物が腸に詰まった状態になります。これを糞便性腸閉塞と言い、激しい腹痛が特徴で早く病院へ受診することが必要になります。

便秘は予防することが重要であるため、まず前述したような個々に異なる原因を取除くことが必要です。また同時に低下した腸の運動を促進させる必要があります。腸の運動を促進するために鍼灸治療が効果的というデータもあり、大巨(ダイコ)というツボを刺戟することがあります。大巨はおへそのそばに左右2か所あり、おへそから指2〜3本分外側、さらに指2〜3本分下がった部分です。刺激のしかたは片方1つずつを押すようにしましょう。慢性的に便秘を感じている人は硬くなっていることが多いので、強くせず優しく押すことをオススメします。

詳しく知りたい方は、PEP治療院スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

無題.png
posted by PEP OSAKAスタッフ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP治療院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

【PEP治療院:トピック〜インフルエンザはどうして毎年流行するの?〜】

冬に必ず流行するインフルエンザ。今回はインフルエンザの流行理由とその予防についてお伝えします。インフルエンザ流行状況は全国にある定点医療機関で1週間毎にカウントされ、判断されています。現在は宮崎、大分、埼玉の順に多く大阪でも警報が出ている市町村があります。詳しくは国立感染症研究所HPで知ることができます。
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/

では、なぜインフルエンザは、毎年冬に流行するのでしょうか?
人間の身体にはウイルス(抗原)が体内に入ると抗体ができ、次に同じ抗原が入っても感染を防ぐ働きがあります。(免疫機能) しかし、インフルエンザウイルスは変異しやすく抗原が毎年変わるので、以前の抗体では効果がなく流行してしまいます。さらに、乾燥・寒冷な冬は飛沫感染するウイルスにとって、飛び散り易く生存しやすい環境です。逆に人間は粘膜の働きが弱まる為、ウイルスへの抵抗力が弱まり感染しやすくなります。このような理由で、毎年冬に流行するのです。

そこでインフルエンザの予防法です。
1、 外出時のマスク着用
2、 手洗いうがいの徹底
3、 帰宅時、上着についたウイルス払い落とす
4、 室温20°、湿度50%以上に保つ
5、 身体を温めて免疫力の維持
基本的なことですが、とても大切なことです!
また、「お灸を身体に据えることで、免疫機能が向上する」というデータもあります。身体を温めるのみならず、予防としてお灸もおススメです。特に足三里というツボがおススメです!
しっかり対策をして寒い冬も元気に過ごしましょう!
詳しく知りたい方は、PEP治療院スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

無題.png
posted by PEP OSAKAスタッフ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP治療院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

【PEP治療院:岸和田だんじり祭り臨時開院のお知らせ】

だんじり祭り直前にケガをしてしまった!なんとか間に合わせたい!!
だんじり祭りでのケガや疲れを早めに治したい!
そんなときはPEP治療院にご相談ください。スポーツ整形外科Nクリニックが休診の9月16日(金)の午後、9月19日(月・祝)も開院して、皆様の身体をサポートする体制を整えております。

開院時間
試験曳き 9月16日(金)  10:00〜15:00 16:00〜20:00
宵宮   9月17日(土) 臨時休業
本宮   9月18日(日) 臨時休業
敬老の日 9月19日(月・祝) 10:00〜15:00 16:00〜20:00

お問い合わせ先
PEP治療院
Tel:072-457-3458
住所:岸和田市別所町3-9-23
HP:http://n-cli.com/pep-clinic/
※予約優先制ですが、予約なしでもその日に治療を受けて頂くことも可能です。
だんじり臨時営業FB.pdf

CIMG9991.JPG
posted by PEP OSAKAスタッフ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PEP治療院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする